美白美容液の条件

美白の成分が入っていることが美白美容液と認められる条件です。
美白成分とされるのは、ビタミンC誘導体・アルブチン・プラセンタエキス・ルシノール・コウジ酸・エラグ酸の6種類のことです。
ビタミンC誘導体はと言えば、肌を黒ずんだ状態にしてしまうメラニンの色を薄いものにする作用があります。
アルブチンというものは、洋ナシだったりコケモモに入っている成分で、化粧品メーカーである資生堂が生成したもので、高い美白効果が期待できます。
プラセンタエキスは、新陳代謝を促す働きを持ち、肌のサイクルが正常化します。
また、メラニンを増やさない働きや、既存のメラニン除去の効果もあります。
ルシノールとは、頬の部分にできる肝斑を治すために用いられる成分で、ポーラ化粧品によって開発された成分です。
美白効果が高いうえに、浸透力が高いことが特徴です。
コウジ酸は、シミの元とされるメラニンの発生を抑える作用があるとともに、もう既に作られてしまったメラニンを体の外へと出してくれる作用も持っています。
デルメットでよく知られる三省製薬の開発による成分でもあります。
エラグ酸は、大きな美白効果が望める成分であり、ライオンが開発したものです。
このような6つの成分のうちどれかが配合されているものが美白美容液と言うわけです。
現在あらわているメラニンを排出させ除去するもの、メラニン色素を目立たなくするもの、これ以上つくらないようにするものに分けられます。
どの美白美容液でも、目的は肌を白く明るくすることですが、そこに至までのやり方が異なるというわけです。
自身の肌に負担をかけすぎない美白美容液を探すようにしましょう。

◆にきび薬で治らなかったニキビが洗顔石鹸を変えたら治りました!
実は私もこのサイトをみてニキビ専用石鹸「ノンエー(Non A)」を使ってみたら違いを実感してしまいました。他の洗顔石鹸は使えません。
Copyright © 2009 ツヤグラiD 通販 | ツヤグラパーフェクトとの違いなど All Rights Reserved.